集団ストーカーによる付きまとい

付きまといと言えば、恋愛感情をもって元交際相手や思いを寄せている相手などに「会いたい」「自分の存在を気付かせたい」などの目的が特定された行為を考えますが、世間で起こっている「つきまとい」は、それだけではありません。不自然にすれ違うことが増えたと思ったら集団ストーカーだったという声もあります。

不特定多数の人物による「集団ストーカー被害」では、目的が明らかにされないまま執拗に付きまとわれることがあります。
一般的には理解しがたい状況ですが、何らかの策略による嫌がらせが行われています。
集団ストーカーターゲットの職場や自宅だけではなく、
行き先や行動パターンを把握するためには、付きまとう工作員を入れ替えながら行われることもあります。
大変巧妙に行われ、第三者には「自然」な状態を作りこまれることもあり、
ターゲット自身にしか分からないこともよくあります。
盗撮しながら行き先を仲間に連絡れてることもあり、多くの人物が係っています。

 

集団ストーカーによる付きまとい例

20代 静岡県の看護師のケース

何とかついた仕事にも嫌がらせが入り転職することにしました。就職活動の妨害が度重なり、心身ともに疲れ果てている感じで不安になり、依頼することになりました。

50代 奈良県の販売員のケース

お客様との接客中に、話しかけられる事が度重なって仕事に集中でいなくなりました。わざとタイミングをずらしてミスをするようにそそのかされることもありました。仕事を辞めさせられると思って依頼しました。

30代 大阪府の会社員のケース

通勤中に、不自然な視線で合図をされたことがきっかけで、集団ストーカーに遭っていることに気が付きました。このきっかけがなければ気付いていなかったのかもしれません。もしかすると、ずっと以前から付きまとわれていたのかもしれません。

40代 京都府の主婦のケース

子どもの参観日に出かけた時に、様子がオカシイことに気が付きました。教室に入ると、皆が一斉に私に注目されました。他の人が入ってもそのようなことは無く、私だけが注目されてしまいます。スーパーに行っても、ちょっと外出しただけで人が集まってきます。

40代 岡山県の会社員のケース

3年ほど前から集団ストーカーに遭っています。どうしてターゲットにされたのか原因が分かってきました。私の場合は、マスクの人物がキーマンになっているようです。スマホで撮影されて情報を共有され、どこに行っても付きまとわれたり、先回りされていました。

20代 愛知県の女性のケース

出かける先々でマスクの集団に監視されています。営業マンを装ったり小細工をしながら付きまとわれていました。スマートフォンで撮影されることも度々あり、警察に相談しましたが何もできないので相談することにしました。

50代 香川県の男性のケース

駐車場の警備員から嫌がらせをよく受けるようになりました。店舗から離れた場所にわざと誘導されたり、監視カメラのすぐ近くに車を置かせるように仕向けられたりします。周囲には常に数人が張り付いているので自由がありません。

30代 福岡県の販売員のケース

ダイエットを兼ねてランニングをしています。必ずマラソンをしていると装って後を付けられたり、追い越されています。中にはイヤフォンをして誰かと連絡をとりながら追い越されることもあります。大変不愉快で腹立たしいです。

20代 鳥取県の公務員のケース

職場の近くのコンビニによく通っていました。しかし、そこの女性店員から執拗につけまわされるようになりました。どうどうと話しかけてくればいいのに、見ているだけでどうしてよいかわかりませんでした。

30代 広島県のショップ店員

同じ系列の店舗に移転になってから異変に気付きました。前の店舗の店長に付きまとわれていて、盗聴器を仕掛けられているようでした。交際を断った逆恨みで、部下を使って嫌がらせを始めたようです。

40代 香川県の介護職員のケース

ある宗教団体が信者をマインドコントロールして監視員として利用してるようです。職場の行き帰りの道や時間を把握されました。割り込みされたり、いつもはガラガラの駐車場でも私が行くといっぱいになったりします。

 

 

集団ストーカー 付きまとい対策

この集団ストーカーによる付きまといには対策が必要です。自分のパターンを把握することも重要でしょう。
多くの相手に一人で立ち向かうのは難しいものです。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

また、集団ストーカーの工作員と、そうでない一般人との区別が出来るようにする必要があります。
一人で対策などを行っていると、この判断を間違えることが多く、事件を起こしてしまうこともあります。
事件を起こしてしまった集団ストーカーのターゲットの扱われ方は、精神疾患や被害妄想などとされるのです。
たいへん残念なことです。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

集団ストーカー被害に遭っているのは、あなただけではありません。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

被害妄想だと言われた方は、現状調査をおすすめしています。妄想扱いされない為にも集団ストーカー対策センターへご依頼ください。また、家族トラブルに発展しているケースでは、ご家族の方からもご依頼いただいております。集団ストーカーの問題は、早期解決が必要です。