逆恨みから集団ストーカー被害へ 集スト対策

集団ストーカーの被害に遭ってしまうには何らかの原因が隠されています。本人が気付かない所で逆恨みをされていることもあり、心当たりがある場合は調査を依頼していただくのも原因究明の方法としては重要なことです。些細なトラブルや、嫉妬、妬みなども嫌がらせに発展する要因です。集団ストーカーの対策は集団ストーカー対策センターへご依頼ください。

 

迷惑電話の女 330回 法律事務所 業務妨害疑

法律事務所に約330回の迷惑電話をかけて嫌がらせをしていた女が逮捕されました。
業務を妨害したとして逮捕されたのは、大手通信会社の元社員の35歳の女でした。
先月4日から9日にかけて、千代田区の法律事務所に対しおよそ330回電話をかけたようです。
「死んでしまえ」などと言ったり、無言で切ったりなどし業務妨害を行った疑いが持たれています。

女はおととし、会社に対し上司からパワハラを受けたと申告しましたが、調査を担当した法律事務所にパワハラの事実は認められなかったという結果をだされたことに腹を立て、嫌がらせをするようになったとみられています。

女は容疑を否認していますが、去年12月以降、あわせて500回以上の迷惑電話をかけていたとみられているようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

逆恨みから集団ストーカー被害へ 集スト対策
タグ: