集団ストーカーで監視される!嫌がらせのきっかけ

 

オンラインゲームからの嫌がらせ

複数人と同時につながりことができる時代です。インターネット、SNS、オンラインゲームで関りを持つことから集団ストーカー被害に発展したケースは、
若い人を中心に中高年に広がっています。出先で学生につけられたり、少し離れた場所からじっと見られたり、撮影されることもあるようです。
オンラインゲームからの嫌がらせには注意しましょう。

 

 

オンラインゲームで知り合った少女の裸撮影

高校2年の女子生徒の裸の画像を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、埼玉県毛呂山町の25歳の専門学校生の男が逮捕されました。
撮影した男は、当時15歳の女子生徒が18歳未満と知りながら自宅に呼び出し、わいせつな行為をし、
またその様子をスマートフォンで撮影したのです。
警察によるとこの2人は昨年12月にオンラインゲームを通じて知り合ったといいます。

 

集団ストーカーと思考盗聴について

理解者であるとそそのかして、あなたの情報を収集しようとしているかもしれません。
無料でできるオンラインゲームや無料サイトは怪しい人物が紛れ込んでいる可能性があります。
十分注意して利用しましょう。利用しないことが自己防衛です。

集団ストーカーは、一度始まるとなかなか終わりません。
終わったと思っていても、また始まるケースもあります。


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

オンラインゲームで始まる集団ストーカー!撃退方法
タグ: