集団ストーカー 年金問題 ミスで漏れる

集団ストーカー、監視被害、宗教トラブルでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。このような被害に遭っている場合は、細心の注意を払う必要があります。契約や手続きの際に個人情報が漏れる可能性もあります。また、記載した住所や勤務先などから行動を割り出される可能性も。被害はどんどんエスカレートする傾向があり、早期対策が必要でしょう。

年金機構が400人に誤った額支給、番号変更でミス

TBS系(JNN) 10月16日(金)7時11分配信
年金情報が流出した問題で、日本年金機構が年金番号を変更する際にミスがあり、およそ400人に本来支給すべき額とは違う金額を誤って支給していたことがわかりました。

誤った年金額を支給されたのは、個人情報が流出し、年金番号が変更された人のうち、働きながら年金を受け取っているおよそ400人です。年金機構によりますと、年金番号を変更する際、手続きにミスがあり、本来支給すべき額より多すぎたり少なすぎたりする金額を15日に支給してしまったということです。

年金機構は今後、誤って支給されたおよそ400人に対し謝罪したうえで、少なく支給した人に対しては、来月、不足分を振り込み、多く支給した人については12月の支給の際に過剰分を天引きするとしています

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

集団ストーカー 年金問題 ミスで漏れる
タグ: