集団ストーカー 訪問客

集団ストーカー被害では、さまざまことに注意を払う必要があります。その一つに来客です。家の中に入ってくるようなケースでは特に注意が必要です。盗聴器などを仕掛けられるだけではなく、家に中の物が無くなることもあります。家の中の情報を取られやすい環境は出来るだけ避けましょう。

 

仕事先のソファの下から1千万円盗む 内装業者逮捕 大阪

大阪府河内長野市内の個人宅で現金1千万円を盗んだとして41歳の男が逮捕されました。
窃盗容疑で逮捕されたのは、堺市堺区住吉橋町の内装業の男です。
この男は、11月4日、内装業の仕事で訪れた河内長野市内の80代の無職男性の家で、ソファの下に置いてあった現金1千万円を盗んだとしています。
被害にあった男性は、療養中の70代の妻の治療費として1千万円を銀行からおろして自宅で保管していたのだそうです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

家の中を物色して発見したのでしょうか。来客の際はお気を付けください。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

集団ストーカー 訪問客
タグ: