集団ストーカー 子どもを操るオトナの存在

集団ストーカーの一員に子どもの存在が指摘されていることがあります。監視や尾行、盗聴盗撮など、組織的に役割が分かれていることもあり、大人数が係っているのです。中でも子どもの存在は、ターゲットに気付かれにくい事からも重宝されています。集団ストーカーのご相談は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

トイレ貸して」口実…小学生2人組  上がり込み現金盗む  大阪

大阪市鶴見区内で小学校高学年とみられる少年2人が高齢者の住む民家で窃盗を働いていたようです。
トイレを借りる口実で家に上がり込み、現金を盗む事件が相次いでいます。
被害総額は約13万円にのぼるといい、同署は窃盗容疑で捜査するとともに、住民に注意を呼びかけています。

被害は今月3日以降に発生し、学校のない土日や放課後とみられる平日の夕方に被害が集中していました。
少年2人が住人の高齢者に「トイレを貸してほしい」などと言い、1人がトイレに入っている間に、別の1人が室内から財布などを盗んだとみられています。一度に約9万円を盗まれた被害者もいたようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

集団ストーカー 子どもを操るオトナの存在
タグ: