警察 集団ストーカー監視ストーカー対策

集団ストーカーや監視ストーカーによる嫌がらせを警察に相談した経験はありませんか。多くのご相談が寄せられていますが、警察が動いた方の話は聞いたことがありません。誰かが助けてくれるものでもありません。家族にすら見放されている被害者も多いのが現状です。真剣に対策を行いましょう。

 

警察による嫌がらせ対策

捜査で訪れた住宅から現金200万円を盗んだとして逮捕されたのは警察でした。
窃盗の疑いで逮捕された兵庫県警捜査一課の警部補の49歳の男でした。
住人の男性が死亡した事案で捜査に訪れた兵庫県播磨町の住宅で現金200万円を盗んだ疑いがもたれていています。
兵庫県警の警部補が当初、警察内の調査に対し「金は見ていない」と報告していたことがわかりました。
現在は容疑を認めているということです。

男性の妻がカバンの中の現金200万円がなくなっていることに気付き、警察が住宅を訪れた捜査員に報告書の提出を求めましたが、容疑者は「金は見ていない」と記入していたということです。

その後、男性の妻に「金を返した」と電話があり、住宅の駐車場から200万円が見つかったようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

警察 集団ストーカー監視ストーカー対策
タグ: