集団ストーカー 勧誘 洗脳

集団ストーカーによる被害は、未成年からも行われることがあります。スマホを使った撮影や監視行為は複数の人物が関与することが必要です。その為に人脈を募ったり勧誘が行われるケースもあり、宗教団体や組織の関与も疑われます。未成年を洗脳するような教育が施されることもあります。

 

「君を開発したい」生徒に性的メール 教諭

担任していた女子生徒に性的なメールを送ったなどとして、東京都教育委員会から懲戒免職処分を受けた33歳の男性教諭が「懲戒免職は不当だ」として処分取り消しを求めた訴訟の判決が行われました。
東京地裁は「停職処分が相当だった」とし、懲戒免職処分を取り消す判断を出したようです。
この男性教諭は「君を開発したい」など多数の性的メールを送っていたようです。
送信期間が短く自主的に送信をやめたようですが、その反面、男性教諭の「メールは女子生徒を救うためだった」との主張については、意味が分からず「正当化できる理由ではない」とされています。

24年12月に女子生徒の母親が、男性教諭と女子生徒の間で性的なメールのやりとりがあったことを都教委に通報しています。
同校が男性教諭を事情聴取し、男性教諭は「君が好きだ」などのメールを送っていたことを認めたようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

気持ちの悪い事件ですが、教師という立場でなければ相手にされなかったかもしれません。
教師が生徒に性的な魅力を感じ、抑えられない所にも異常性を感じます。

集団ストーカーによる嫌がらせは、明らかな人物の特定が難しいこともあります。
危険な事故につながるような嫌がらせもあります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

集団ストーカー 勧誘 洗脳
タグ: