無人探査機 ドローン

集団ストーカーの被害に遭っている方にとっては不安を感じるドローンの存在。
このドローンとは、無人の飛行機で遠隔操作が可能です。
軍事用から民間用に利用されることになりました。
特に資格が必要なわけでもないのでこれから広がりを見せることになるでしょう。

 

無人機 微量放射線 官邸無人機事件

東京都千代田区にある首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかりました。
22日午前10時20分ごろ、新人職員を屋上に案内した官邸職員が発見したそうです。
このドローンから微量の放射線が検出されていたことが分かりました。
警視庁は機体を回収して詳しく鑑定するとともに、周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして、操縦者の特定を急いでいます。
首相官邸で見つかったドローンは直径約50センチで、カメラや、液体を入れるプラスチック容器のようなものが付いていたそうです。
容器は小豆色で、ふたは閉まっていたといいます。
容器本体には放射能を示すマークが見つかっており、警視庁の簡易鑑定によると人体には影響のないレベルの微量の放射線が検出されたそうです。

 

無人機 ドローン 監視 嫌がらせ

ドローンにカメラが搭載させて遠隔操作することで現地に居なくとも情報取集することが可能です。
無人機ドローンは、これからも監視や盗撮に利用されることがあるでしょう。

集団ストーカー対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
※無料でのご相談はお受けしていません。真剣に解決を望む方のみご相談ください。

 

 

    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)

    お電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

    性別 (必須)

    年齢 (必須)

    お住まい (必須)

    検索ワード (必須)

    内容

    メッセージ本文

    ※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
      お返事が出来ない場合がございます。
      無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

    無人探査機 ドローン カメラ
    Tagged on:                 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA