盗撮と集団ストーカー 書店での嫌がらせ

機器の小型化や性能がよりよくなった現代、盗聴や盗撮の危険は生活の至る所に忍び寄っています。不特定多数の人物や宗教団体、組織などによる監視行為や嫌がらせにも注意する必要があります。まずは、周辺の安全を確認することからはじめましょう。

 

女性が気を付ける痴漢 盗撮の危険

書店で立ち読みしている女性が盗撮される事件がありました。
なんと逮捕されたのは、現役の警察官だったようです。

大阪府警高槻署の刑事課の男性巡査部長が女性のスカート内を盗撮したとして逮捕されていました。
大阪府の迷惑防止条例違反容疑で、府警は懲戒処分を検討しているそうです。

盗撮した巡査部長は5月6日、大阪府高槻市のJR高槻駅近くの書店内で立ち読みしていた女性のスカート内にスマートフォンを差し入れて動画を撮影した疑いが持たれています。
店員に声を掛けられたがそのまま逃げており、防犯カメラの画像などから判明したそうです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

スマートフォンなどの動画撮影は音がしないので犯行に利用されやすいと言えるでしょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

盗撮と集団ストーカー 書店での嫌がらせ
タグ: