集スト ブラックバイト 集団ストーカー対策

学生のブラックバイトが問題になっています。学生のアルバイトについて厚生労働省の調査が発表しました。労働条件や木賃金での問題が多かったようです。集団ストーカーにおいても多くの人員が必要なことから学生の存在も指摘されています。スマホさえ持っていれば写真を撮ることも、それをネットにアップすることも可能です。集団ストーカーのご相談は集団ストーカー対策センターへご依頼ください。

集スト対策 学生のアルバイト事情

厚生労働省の調査は、18〜25歳の大学生、大学院生、短大生、専門学校生で週1日以上のアルバイトを3カ月以上続けた人を対象にインターネットを通じて行われました。職種はコンビニエンスストア(15.5%)や学習塾(14.5%)が多かったようです。

労働条件について、60.5%が何らかのトラブルを経験していたという回答を得ています。
具体的には、労働基準法違反の疑いが強いく
「準備や片付けの時間の賃金が支払われない」(13.6%)、
「労働時間が1日6時間を超えても休憩がない」(8.8%)など。

学業への影響が大きいシフトに関しては、
「採用時に合意した以上のシフトに入れられた」(14.8%)、
「一方的で急なシフトの変更」(14.6%)など。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

中には、制服に着替える時間がカウントされないといった当然のことを主張している内容もあり、ブラックバイトというより、ブラック従業員の問題も入っていると思われます。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


[contact-form-7 id=”51″ title=”コンタクトフォーム 1_copy”]

集スト ブラックバイト 集団ストーカー対策
タグ: