集団ストーカー うつ病 集スト対策

執拗な集団ストーカーや監視ストーカーによる嫌がらせでうつ病を患う方が増えています。
精神科においても監視されることがあるようで、病院に行くことをためらっている方もいます。
集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
うつ病の薬にも注意が必要です。

 

うつ病と副作用 症状悪化

抗うつ薬の一つ「SSRI」を使ったうつ病治療で、不安感や自殺衝動、攻撃性などの副作用が出ることがあるという報告がったようです。

 

SSRIは1970年代から欧米で開発されたものです。日本では99年に発売され処方されるようになりました。

SSRIは副作用が比較的少なく、効果も高いとして広まりましたが、その後攻撃性や自殺衝動が高まるなどの副作用が報告されるようになりました。
飲み始めから3カ月間の変化を調査した結果では、3割に不安感、不眠、自傷、よく動き回るといった「賦活症状」と診断されたそうです。賦活症状の疑いを含めると7割以上の41人に何らかの副作用があったようです。

SSRIは「不安がなくなる、くよくよしなくなるなど、患者によっては非常に効果が高い」が
「医師が賦活症状を副作用と理解せず、別の薬を増やしてしまう例が多い」という不注意も問題になっているようです。

 

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー うつ病 集スト対策
Tagged on:                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA