集団ストーカーに隠された理由「恨み」と執拗な監視

集団ストーカー被害のうらに隠された本当の目的は何なのか、被害者自身には理由が見当たらないこともあるようです。
子供のころいじめた相手から長年恨まれているケースや、フラれた腹いせから恨みを抱いて復讐をされるケースもあるようです。
執拗な集団ストーカーは、恨みを持った相手からの復讐かもしれません。

 

兄弟間の骨肉の争いと監視

師走に起こった惨劇。
東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の58才の女性らが殺傷された事件がニュースをにぎわせています。
亡くなった女性の弟で元宮司の56才の容疑者と49歳の妻による犯行でした。
いずれも事件後に死亡しています。

犯行を犯した夫婦は、この事件が起こす約5カ月前からマンションの部屋を借りていたことが分かっています。
借りていた部屋からは殺害された女性宅の出入りを確認できる場所でした。
殺害と自殺の意思を記した紙も見つかっているようです。
入念に事件を計画していたとみられます。

 

集団ストーカーがターゲットを監視する方法

ターゲットを監視する方法は様々です。
人を使うか、機材を使うことになるでしょう。

盗聴器や盗撮カメラだけではなく、iot家電も利用されやすいと言えるでしょう。
これらは、電波や電磁波などを使って遠方にデータを飛ばしたり、回収されることで情報収集されているようです。
また、人を入れ替えて監視する方法は最も多く、ターゲットを不安にさせるには好都合な方法かもしれません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカーに隠された理由「恨み」と執拗な監視
Tagged on: