集団ストーカー 駐在所トラブル 警察問題

集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談をお寄せください。最寄りの駐在所や派出所、警察へ相談にっても相手にされないケースが殆どです。監視ストーカーや組織的なストーカー、宗教ストーキングなども問題になっています。エスカレートする傾向があるので、早期対策が必要です。

 

駐在所トラブル 拳銃暴発 警察

11日午後6時10分ごろ、北海道剣淵町仲町の道警士別署剣淵駐在所で拳銃が発砲するトラブルがありました。
30代の男性巡査部長が拳銃を落とした際に、1発を暴発させたようです。
そして、銃弾は天井に当たったもののけが人はなかったということです。

道警士別署によると、この問題を起こした巡査部長は同日午後6時に勤務を終え、1人で拳銃を保管庫に入れる作業をしていました。
その時に落としたそうです。
巡査部長は「手が滑った」と説明しています。
同署が12日に現場検証を行い、銃弾を探しているようです。
副署長は「事実確認をして原因を究明する。規定違反があればしかるべき対処をし、再発防止に努めたい」と話しています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 駐在所トラブル 警察問題
Tagged on: