集団ストーカーと盗聴被害

集団ストーカーの被害者の多くは、盗聴や盗撮の標的にされています。
あらゆる手段を使って、ターゲットの情報収集を行う過程での盗聴や盗撮はごく一般的な方法です。
誰でも簡単に手に入れることが出来る盗聴器や盗撮器は、安価な物から高価な物まで幅広く販売されています。
直接店舗に足を運ばなくとも、インターネットで購入可能なのです。
また、盗聴や盗撮はマニアも多く、趣味を兼ねて集団ストーカーの手助けをしている者の存在も否定できません。

重要な内容を電話で話す時には、細心の注意を払う必要があります。面倒でも、公衆電話を利用したり、出来るだけ1度で簡潔に行いましょう。同じ場所からではなく、場所を変えるのもお勧めです。周囲に人がいると分かりやすい場所の公衆電話を見つけておきましょう。

情報漏れに関しては、あらゆる場面で気を付けてください。インターネットでの通販は特に危険です。個人情報の入力が必要になるので、控えたほうが良いでしょう。

 

集団ストーカーと盗聴

集団ストーカーによる盗聴被害では、まず盗聴器が仕掛けられていないか調査を行う必要があります。必ず行いましょう。素人感覚で行う盗聴器の調査は、集団ストーカーにおいては危険です。必ずプロに調査依頼をしてください。一般に購入できる受信機では発見できない事が多いのです。簡易な調査で盗聴波を受信できなかったからと言って安心してしまっては危険なのです。むしろ、集団ストーカーを行っている者たちからすると好都合でしょう。費用は掛かりますが、集団ストーカー対策センターへご依頼ください。盗聴器発見調査を行いましょう。

 

盗聴による集団ストーカーターゲット情報収集

盗聴器による集団ストーカーターゲットの情報収集は、効率が良いとされています。
無線での盗聴は、電波を拾うことが出来れば誰でも情報収集が可能なのです。
よって、不特定多数の人物による集団ストーカーでは効率よく多くの者が情報を共有することも可能になります。
電波を使った盗聴は、集団ストーカーだけではなく多くの情報収集を可能にし、これから先の行動なども予測がたつことになるでしょう。
また、長期に渡り情報収集されることでターゲットの行動パターンを掴むことも可能になります。
情報収集させないためにも、早期の段階で盗聴器発見調査をご依頼ください。

 

集団ストーカーによる盗聴 盗み聞き被害

集団ストーカーによる盗聴には、さまざまな人を入れ替えておこなう「盗み聞き」工作も行われています。ターゲットの居場所を知った工作員たちは、情報を共有し次の行き先を一刻も早く知る必要があります。テクノロジーを駆使した方法を行う場合だけではなく、聞き耳を立てたり、周囲に盗聴器とは分からないような物を置いて情報収集をすることもあります。

集団ストーカーは、一人ではありません。年齢や男女問わず多くの人が係っています。ターゲットが想像もしないような方法や手段を使って行われるのです。

 

これらの盗聴被害に負けてはいけません。情報を操作するようなテクニックも身に付ける必要があるでしょう。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

集団ストーカー被害に遭っているのは、あなただけではありません。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

被害妄想だと言われた方は、現状調査をおすすめしています。妄想扱いされない為にも集団ストーカー対策センターへご依頼ください。また、家族トラブルに発展しているケースでは、ご家族の方からもご依頼いただいております。集団ストーカーの問題は、早期解決が必要です。