盗撮用のカメラ 集団ストーカー相談

集団ストーカーや監視ストーカー、組織的なストーカー被害でお困りの方からのご相談が多く寄せられています。中には宗教が絡んでいるトラブルもあり当事者間での解決が難しいケースもあります。盗聴器や盗撮カメラが使われることも多く、対策が必要です。最悪の事態を避けるためにも早期対策が必要です。

 

盗撮用カメラ 同僚宅に侵入容疑で男逮捕

会社の同僚の女性宅に侵入したとして男が逮捕されました。
滋賀県警守山署は、守山市の会社員の41歳の男を住居侵入容疑で逮捕したと発表しました。
女性宅にあった盗撮用とみられるカメラの映像に、よく似た男が映っていたことから発覚したようです。
この男は2月中旬から24日までの間、市内の女性宅に侵入した疑いがあると言うことです。
女性が24日夜、玄関で見覚えのないコンセント型の小型カメラを見つけたそうです。
そのカメラに映っていた男が同僚の男とよく似ていたという恐ろしい事件です。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

陰湿な嫌がらせには、早期対策が必要です。
嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

盗撮用のカメラ 集団ストーカー相談
Tagged on: