集団ストーカーと盗撮被害

街を歩けば、集団ストーカーのターゲットの周りには人が集まります。
会話を聞かれたり、付いてこられったりするのと同時に、盗撮されていることがあります。
盗撮画像は、広まる可能性があることを念頭に置かなければなりません。
盗撮されたターゲットの画像は、ネット上にアップされたり、仲間内に画像データーを送信されることもあります。

盗撮被害については、細心の注意を払いましょう。のぞき見されることもあります。
部屋に盗撮カメラが仕掛けられていないかの調査はもちろんですが、
テレビやパソコンなどのモニター画面からの盗撮も気を付けましょう。
近年、多くのパソコンにはウエブカメラが付いています。確認しましょう。

集団ストーカー 盗撮 隠し撮り

集団ストーカーによる盗撮には、注意が必要です。スマートフォンや携帯電話で撮影されることは頻繁に起こります。部屋の中に盗撮カメラが仕掛けられている不安もあるでしょう。盗撮器発見調査を行う必要があります。

また、盗撮された画像を集団ストーカーの仲間などに送信して画像を共有されているケースもあります。ターゲットを盗撮した画像はメールで送信されたり、ネット上に投稿され、それを目にした人々がターゲットの居場所を知って集まってくることもあります。

盗撮ハンターによるでっち上げ事件

盗撮ハンターによるでっち上げ事件が起こっています。盗撮した犯人を脅迫するというトラブルです。盗撮することはもちろん悪い行為ですが、盗撮された被害者と盗撮犯を目撃した者が共謀しているケースがあるのです。集団ストーカー被害者は証拠収集のために普段から周囲を撮影している方もいます。巻き込まれないように注意しましょう。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

集団ストーカー被害に遭っているのは、あなただけではありません。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

被害妄想だと言われた方は、現状調査をおすすめしています。妄想扱いされない為にも集団ストーカー対策センターへご依頼ください。また、家族トラブルに発展しているケースでは、ご家族の方からもご依頼いただいております。集団ストーカーの問題は、早期解決が必要です。