通り魔 集団ストーカー

道路トラブルの中でも、通り魔の事件は大変恐ろしいですね。
殺すつもりで見ず知らずの人を狙うのですから、恐怖を感じます。
平成24に大阪府で起こった通り魔事件の公判がありました。
一切反省を見せない通り魔の男、異常性を感じます。

 

心斎橋 通り魔 身勝手男

大阪府の中でもにぎやかな場所、心斎橋の路上で通り魔事件が起こりました。
平成24年6月、男女2人を刺殺したとして、殺人罪などに問われたのは無職の39歳、礒飛(いそひ)京三被告です。
この通り魔事件の裁判員裁判の第9回公判が15日、大阪地裁で開かれました。

殺害された当時42歳の音楽プロデューサーの妻が証人として出廷し、
「幸せな未来を奪った犯人を許せない。極刑を望みます」と涙をみせて述べたようです。

事件から3年がたったが、「あまりに突然で理不尽」な夫の死をいまだに受け入れることができない
「(礒飛被告から)心からの謝罪はなく、反省の態度もうかがえない」とし、
涙で声を詰まらせながら極刑を求めたようです。

亡くなった男性の父も出廷し、検察側の質問が遺体と対面した状況について、
「顔、首、胸…こんなに残酷なことがあるんかなという状態だった」と叫ぶように語り、号泣しました。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

通り魔事件の加害者が何を考えているのかは分かりませんが、
無職であったり、社会に不満を持つものが多いように感じます。
社会生活を送るには、辛い事もたくさんあります。
楽しい事ばかりではありません。社会に対する不満を第三者にぶつけるのはもってのほかです。

社会に対する不満は、誰にでも少なからずあるものです。
集団ストーカー被害者の中にも不満に耐えきれない感情に苦しみながらも社会性を保とうとしている人は多くいます。
一人で悩まず、集団ストーカー対策センターへご相談ください。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

通り魔 集団ストーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA