組織的な嫌がらせ

有名なエステティックサロンたかの友梨さんの創業社長による 「マタハラ」「パワハラ」が問題になっていました。
組織的な陰謀で窮地に追いやられてしまうことがあります。
会社組織だけではなく、宗教などの団体でも同じような事が起こっています。
従わせるために監視行為や行動の把握の為の情報収集は当たり前になっています。

 

 たかのビューティクリニック 社長辞任

大手エステチェーン「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する不二ビューティは、
創業者の高野友梨氏(57)が社長職を退いたことを発表しました。
高野氏による「マタハラ」「パワハラ」問題で傷ついた企業イメージを一新するためと言うことです。
後任には取締役管理本部長の根岸浩一氏(45)が昇格しています。
根岸氏は2007年に不二ビューティに入社し、財務経理部長などを歴任していました。

昨夏、高野氏が従業員に圧力をかけたとされる現場の音声記録が公表され、「パワハラ」との批判が高まっていました。
これだけではなく、マタニティーハラスメントや残業代の未払いなどもあったと言います。
都内の20代女性が損害賠償や未払いの残業代計約1600万円を求めて提訴し、
仙台地裁でも従業員の女性ら2人が未払いの残業代計約1千万円を求めて提訴していました。
これらは会社側と和解が成立しています。

 

集団ストーカー 組織 監視 盗撮

集団ストーカーのターゲットは、組織との決裂などから始まることもあります。

集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

組織的な嫌がらせ
Tagged on:                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA