新幹線 監視 集団ストーカー

新幹線内での自殺という衝撃の事件が起こりました。

神奈川県小田原市付近を走行中だった東海道新幹線がストップし、2人が死亡しています。
車内で焼身自殺したのは、東京都杉並区西荻北4丁目、職業不詳の71歳の男性でした。
年金に対する不満を持っていたそうです。
その当時、新幹線内では男が油のようなものをかぶって、乗客に「逃げなさい」と言っているようです。
密閉された車内で、どこに逃げろと言うのでしょう・・・

 

自殺の真相 不信

県警によると、容疑者は6月30日午前11時半ごろ、神奈川県の新横浜―小田原間を走行中の
東海道新幹線のぞみ225号(東京発新大阪行き、16両編成)の1両目内で、
10リットル用ポリタンクに入った油のような液体を体にかけて火を付けたといいます。
この時の煙を吸った横浜市青葉区荏田町の女性が死亡しています。

新幹線の車内の監視カメラには、ポリタンクをリュックから取り出した液体をかぶる容疑者の様子が映っていたことが分かっています。
ライターで火を付ける前、1両目の最前列に座っていた60代女性に「あなたも逃げなさい」などと話しているようで、
県警は、周囲の乗客が巻き込まれて死ぬかもしれないという「未必の故意」があったかのかもしれません。
捜索や知人らへの事情聴取を通じて動機の解明を進めるとともに、液体の入手方法や移動の経路などについても調べるようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

亡くなってしまっているので、真相は分かりませんが、年金に対する不満だけではない可能性もありますね。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。 ※無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

新幹線 監視 集団ストーカー