集団ストーカーによる思考盗聴を解決する方法
集団ストーカーによる思考盗聴を解決する方法 思考盗聴の相談調査

集団ストーカーによる思考盗聴の解決方法

集団ストーカーによる思考盗聴被害は、たいへん厄介な問題です。
また、監視されながら行われる思考盗聴は、ターゲットの正確な行動を把握しながら行われることにより事実を事実でないかの如く誤解させるような思考のコントロールを行われる可能性があります。
非常に危険な状況下に置かれていると認識する必要があるでしょう。
思考の崩壊を招いたり、社会性が失われる危険が高くなる可能性もあります。

 

不特定多数に考えたことを知られる思考盗聴

思考盗聴は、脳内を監視されているのと同じようなことかもしれません。
思ったことを先に言われたり、
これから行うことを指摘されるなど
ターゲットにとっては腹立たしい事を執拗に行われるケースが多いようです。
中には、同調と批判を繰り返し、安心させて入り込まれることもあります。

愛知県の主婦の例・・・
買い物中に女性3人の声が聞こえていました。百貨店のハンカチのセールのワゴンを覗いていた時に
「そのハンカチより右の花柄の方がステキだと思うね。」
「赤よりピンクのレースの方が華やかに見えるわよ。」
など友人とショッピングをしているような楽しい日もあれば、
「旦那さんが浮気をしているから問い詰めなさい!」「あなたと別れて再婚を考えているわよ!」
などと家庭を壊すような指摘をされる日もあり、言うとおりに問い詰めたことで夫婦仲が険悪になりました。

幸せそうな家庭に対しての嫉妬や妬みの可能性があります。
思考盗聴は、日常的に行われるケースが多く些細なことも誇張してトラブルを招くように仕組まれることがあります。

 

思考盗聴と集団ストーカーの問題を相談できる場所

思考盗聴の被害を相談できる人が身近に存在しますか?集団ストーカー対策センターへご相談頂いた方のほとんどが、相談した事を後悔しているようです。また、その相談者に対して不満や不信感を持った方もおり相談する人、場所を間違えることで更なるトラブルを招いているケースもあり慎重に行うことを勧めます。