集団ストーカー 精神疾患扱い 集スト対策

集団ストーカーや監視ストーカーによる嫌がらせについて語ることで精神疾患扱いされることがあります。そうならない為にも根拠をしっかりとつかむことが必要です。論的な思考を働かせないような巧妙な嫌がらせを受けている被害者もいます。しかし、当事者には分かることを第三者に伝えることが難しい現状を作られてしまうこともあります。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

複数の医師の意見 供述と矛盾する鑑定

大阪市東住吉区で、生後1か月の娘に暴行を加えたとして34歳の母親が逮捕されました。
母親は、「2歳半の息子がやった」と容疑を否認しています。
しかし、複数の医師が、母親との供述とは矛盾する鑑定結果を示していることが分かりました。

大阪市東住吉区の無職の母親は去年、自宅マンションで生後1か月の長女の頭などに暴行を加えた疑いがもたれています。
女の子は意識不明の重体のようです。
長女に対する殺人未遂の疑いで16日、逮捕されました。
容疑者は「2歳半の長男がやった」と供述しているということです。

しかし、女の子の脳は血管が切れるなど「揺さぶられっ子症候群」の所見がみられ、
複数の医師が「2歳半の子どもの力では不可能な症状だ」とする鑑定書を提出していたようです。
警察は、容疑者が日常的に虐待を繰り返していたとみて捜査しています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

集団ストーカーや監視ストーカーを抑えようとして二次被害に遭うことも多々あります。
嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 精神疾患扱い 集スト対策
Tagged on: