集団ストーカー 撮影対策 監視被害

集団ストーカーによる嫌がらせでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。出かける先々で監視される被害は、プライバシーの侵害です。スマホやデジカメなどで撮影されるケースも多く、ネットにアップされたり、組織に情報を提供されている可能性もあります。早期対策が必要でしょう。

 

撮影のため線路の柵100本を抜く 迷惑行為

福島県白河市のJR東北線白河から久田野駅間で安全策が抜かれる事件がありました。
今年6月、上下線の線路の間に設置された安全柵の鉄の棒約100本が抜かれロープが切られていた事件で、
京都市の男子大学生を器物損壊容疑で逮捕したことが分かりました。
この大学生は当時、列車の撮影目的で現場を訪れていたそうです。
「列車をきれいに撮るのに(棒とロープが)邪魔だった」と話しており、容疑を認めているそうです。

犯行を犯した大学生は6月4日夕方から8日午前の間、両駅間の約800メートルの区間に打ち込まれた鉄棒約100本を抜き取っているようです。また、棒をつなぐロープも切断した疑いがあります。

6月6日には、昭和初期に製造された珍しい列車が両駅間を通過し、周辺には多くの鉄道愛好家が集まっていました。
この大学生が所持する写真の中には、犯行現場付近で同列車を撮影したものや、暗闇の中で自らロープを切断する様子を撮影したものもあったようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

撮影するために大胆な犯行を行うケースもあります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 撮影対策 監視被害
Tagged on: