集団ストーカー 危険な道路での嫌がらせ

集団ストーカーや監視ストーカーなど、組織的な嫌がらせで困りの方は集団ストーカー対策センターへご相談ください。職場トラブルや宗教トラブルから執拗な嫌がらせが始まるケースもあります。特に宗教関係の問題には注意が必要です。集金力もあり、工作員も不特定多数に及ぶケースがあります。早期対策が必要です。

 

車道に土台 危険な工作 重体 大阪

大阪市住之江区北島1丁目の大阪府道で23日午前0時ごろ不信な事故が起こりました。
バイクで走行していた51歳の男性が、車道の真ん中に置かれていたコンクリートの土台にぶつかり転倒したのです。
男性は頭を強く打っており、意識不明の重体です。
大阪府警は事故の原因になった土台が故意に置かれていたとみて、殺人未遂容疑で捜査しています。
土台は円盤形で、直径30センチ、厚さ12センチ、重さ16キロの物であったようです。
複数の周辺住民が府警に「現場から約10メートル離れた車道沿いの植え込みに以前から放置されていたものだ」と証言しています。
何者かがいたずら目的で置いた可能性があります。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

集団ストーカーによる嫌がらせは、明らかな人物の特定が難しいこともあります。
危険な事故につながるような嫌がらせもあります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 危険な道路での嫌がらせ
Tagged on: