集団ストーカー 警察 集スト対策

集団ストーカーの被害を警察に相談した経験がある方も多いですね。
警察では取り扱えないと追い返される経験をした方もいます。
集団ストーカーは、巧妙な嫌がらせのため、警察が扱える被害ではないことがほとんどです。
嫌な思いをされた方もたくさんいます。
しかし、だからと言って諦めてはいけません。対策は必要なのです。

 

警官がアダルトサイトで1800万円被害  福岡

福岡県警豊前署は29日、田川郡に住む50歳代の男性公務員が架空請求詐欺の被害に遭い、
なんと約1800万円をだまし取られたと発表しました。
今年5月、男性がスマートフォンでアダルトサイトを閲覧すると、
画面に「会員登録完了」との表示が出たそうです。
信じ込んだ男性が解約料名目で電子マネーで約30万円分を支払いました。
7月27日までに「ワダ」「フクダ」「タツカワ」「ムラヨシ」と名乗る男たちから計19回の電話があり、
「サイト利用料」などで現金計1813万円を振り込まされたそうです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

注意深いはずの警察官でも巧妙な詐欺には騙されてしまうようです。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 警察 集スト対策
Tagged on: