集スト対策 祈祷集団 呪い

集団ストーカーと宗教や組織的なつながりは否定できないでしょう。

多くの人材を派遣しなければ巧妙にかつ的確に人を配置することさえ難しいのです。電磁波対策センターでは集団ストーカーによるご相談が寄せられています。

 

集団ストーカー被害と宗教 祈祷

2015年8月27日午後、霞が関の経済産業省庁舎前には、読経が響いていました。
黒地に白抜きで「呪殺」と書かれた幟の前で、数人の仏僧が祈祷を行っていたのです。
仏教集団が、脱原発・戦争法案反対を目的に掲げ、「呪殺」祈祷会を開催していたようです。

東京の中心に僧侶の集団が
「特定の個人や団体を指名して呪殺祈祷を行っているわけではない」と言います。
「言葉には力がある」「虐殺された死者の叫び」

およそ100人近い聴衆に半円状に囲まれ、一人の僧侶が絶叫していたようです。
呪殺祈祷が行われていた場所は、異様な雰囲気に包まれていたのだとか。
魅入られたように足を止める一般の方もおり、僧侶の発する言葉に聞き入る人もいたようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

集団ストーカーの実行員を募る集会でないことを祈ります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集スト対策 祈祷集団 呪い
Tagged on:                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA