無料の落とし穴 トラブル

無料と言う言葉に弱い方は、注意が必要ですよ。
世の中には、無料ではないのに無料と言う言葉が溢れています。
面白い記事があったので紹介します。

 

格安スマホ 実質ゼロの罠

ケータイショップや家電量販店の店頭で見かける
「一括ゼロ円」「実質ゼロ円」という文字に消費者としては魅力を感じるものでしょう。
高価なはずのスマートフォンやタブレット端末がタダで手に入るというのだからうれしいですよね。
「実質ゼロ円」は端末本体価格の24分の1の金額が24カ月間、毎月の通信料金から割り引かれ、
24カ月後には本体の負担金が実質的にゼロ円になるという仕組みです。
端末を一括購入しても、割賦を組んでも変わらないのです。

実質ゼロ円」販売も、当然のことながら、回線契約を24カ月以内に解約すれば、月々の割引がその時点で終了し、負担金が発生します。
ここで負債を負うことに気付く人も多いのです。

携帯電話を割賦で購入した人が、月々の支払いを滞納すると、個人の信用情報、いわゆるクレジットヒストリーに傷が付くことをご存知でしょうか。

2013年1月には、政府広報オンラインで
「携帯端末代を分割で支払っている場合の滞納にご注意ください。
あなたの信用情報に傷がつくおそれがあります」
という注意が促されています。

「実質ゼロ円」をタダだと勘違いするのは浅はかです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

世の中にあふれる無料と言う言葉に魅かれていませんか。無料相談やゼロ円などの言葉の裏をよく考えましょう。トラブルを未然に防ぐ秘訣です。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

無料の物は無い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA