集団ストーカー 情報漏洩の盲点

集団ストーカー被害でお困りの方は、ご相談ください。集団ストーカー被害者の生活自体が監視されているだけではなく、個人情報が漏れている可能性もあります。家族の情報も漏洩している可能性があります。相手を突き止めるだけではなく、情報漏洩の対策も必要です。

 

マイナンバーカード 5千世帯分印刷漏れ 責任は?

総務相は4日の閣議後会見で、マイナンバー(社会保障・税番号)を記した「通知カード」の問題を発表しました。
約5千世帯分を印刷できていなかったと明らかにしました。
これは、東京都葛飾区の白鳥地区に配るもので、カードに記す情報が印刷工場に届いていなかったといいます。

日本郵便は11月26日に示した配達計画で、葛飾区は「12月6日に完了」としていました。
郵便局に届いていないので配達もされません。
高市氏は「誤った情報をお伝えしてしまったことについて深くおわび申し上げます」と陳謝した。
現在印刷中で、12月20日までの配達を予定しているそうです。
来年1月のマイナンバーの利用開始に間に合わせたい考えだが、同様の事例がないか全国分を調査中のようです。
新たに見つかる可能性があるようです。

通知カードの作成は、総務省の外郭団体「地方公共団体情報システム機構」が担当するとし、責任をのがれているようです。
委託業務は責任転嫁の温床になる可能性があります。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 情報漏洩の盲点
Tagged on: