集団ストーカー 家族が共犯 集スト対策

いやがらせや様々なトラブルが起こっている時の黒幕が、身近な人物であることもあります。
プライベートなどを知っているからこそ、行える嫌がらせの情報もとが身近な人物であった場合、
相手の目的は達成しやすいと言えるでしょう。
集ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

「家族に遺棄を手伝ってもらった」19歳殺害事件 長野

長野市のスポーツインストラクター(当時19)の男性が2009年に殺害され、当時17歳だった男2人が殺人容疑で逮捕された事件がありました。
容疑者2人のうち1人が「家族に手伝ってもらい、寺沢さんの遺体を新幹線高架下に埋めた」と供述していることが分かりました。
長野中央署捜査本部は男の家族からも事情を聴くなどして、経緯を調べているようです。
死体遺棄罪は3年で公訴時効が成立します。

供述しているのは、2009年ごろ亡くなった男性と女性をめぐってトラブルになっていた23歳の会社員の男です。
同年12月下旬に殺害後、「遺体をいったん別の場所に隠した。(その後)家族に手伝ってもらって北陸新幹線高架下まで遺体を運び、地中に埋めた」と話しているそうです。
男は、友人で同容疑で逮捕された別の23歳の会社員の男と2人で殺害した疑いが持たれています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

死体遺棄まで手伝う家族とは驚きです。
家族関係はどのようなものであったのでしょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 家族が共犯 集スト対策
Tagged on: