集団ストーカー対策 向精神薬問題

犯罪の一員に生活保護者が係っている可能性が指摘されています。社会的な弱者を装いつつ、詐欺や犯罪に加担しているケースがあるようです。嫌がらせや監視だけではなく、精神的に追い詰めることでウツなどの精神病を発症するように仕組まれるケースもあります。大変危険な問題です。

 

向精神薬密売 5人死亡 中毒自殺

インターネットを通じた向精神薬の密売事件で逮捕された女から購入した男女が5人死亡していることが分かりました。
兵庫県警が逮捕した密売人の女は、世田谷区のマンション経営の55歳の女でした。
この女から向精神薬を購入した客のうち、少なくとも成人の男女5人が薬物中毒で死亡していたことが明らかになりました。
亡くなった人のうち4人は自殺とみられています。
向精神薬の過剰摂取は自殺リスクを高める可能性が指摘されています。乱用の危険性が明らかになりました。

医療費のかからない生活保護受給者を利用したり、麻薬取締法違反容疑で逮捕された奈良県の薬剤師の男らから向精神薬を仕入れていたとみられています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

これこそ、生活保護者のブラックバイトの実態の可能性があります。
税金を搾取した、社会的な犯罪ではないでしょうか。
ネットでの薬物の購入は管理が難しいようです。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー対策 向精神薬問題
Tagged on: