集団ストーカー 孤立を狙われる ストーカー対策

集団ストーカーの被害は、よく知らない第三者に話すと「被害妄想」だと言われてしまいます。
話すことで、家族や職場、友人などから孤立してしまう傾向があります。
社会からの孤立が目的なのかもしれません。
集団ストーカー対策センターへご相談下さい。

 

「娘を一人残せない」殺人容疑で母逮捕

川口市の住宅で今月22日、小学校1年生の女児が死亡しているのが見つかりました。
この事件で、武南署は30日、殺人容疑で、女児の母親の41才の女を逮捕しました。
2階の居間で玲奈ちゃんが首にコードを巻かれた状態で倒れているのを、帰宅した父親が発見したそうです。
母親は事件当時、刃物で首や左腕を切っており、入院して治療を受けていました。
けがが回復し、30日に退院したため事情を聴取し殺害の容疑が固まったことから逮捕に至ったようです。

逮捕容疑は22日午後6時ごろから同9時50分ごろにかけて、女児の首を電気コードで締めて殺害した疑いがもたれています。

母親は容疑を認めているようです。
「私の体調がすぐれず死にたいと考えたが、娘を一人残していくことはできないと思った」などと供述しているといいます。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

自分勝手な考えで子供を殺害してはいけません。
周囲に助けを求めることも必要でしょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 孤立を狙われる ストーカー対策