金銭トラブル 殺人事件

金銭トラブルでもめていると、評判が悪くなるだけではありません。借した金を回収するためにあらゆる手段を取るのは当然です。

また、友人や知人間での金銭の貸し借りは行うべきではないでしょう。新たな問題が勃発した時、恨みや殺意に変わりやすいと言えます。

 

船橋18歳少女遺体 口に物詰め 結束バンド

千葉県船橋市に住む18歳の少女が遺体で見つかった事件がありました。
亡くなった少女の口には物が詰め込まれ、手首は結束バンドで縛られていたことが分かりました。
この事件は、船橋市に住む18歳の野口愛永さんが遺体で見つかり、監禁の疑いで20歳の井出裕輝容疑者と中野翔太容疑者、18歳の少女、16歳の少年4人が逮捕されています。

遺体は1メートルほどの深さに埋められていたことが分かっています。
口に物が詰め込まれ、粘着テープで塞(ふさ)がれたうえ、手首が結束バンドで縛られていたことが分かりました。
事件前日までに穴を掘り、準備していたことも分かっています。
4人が計画的に犯行に及んだとみて調べるとともに司法解剖を行い詳しい死因を調べています。
逮捕された18歳の少女の知人は、
「本当は19日(事件当日)の前日の18日にやる予定だったと。埋める場所も決まっていて、埋める穴も掘ってあると言っていた」などと話しています。

 

殺意を抱く恨み トラブル

集団ストーカーの目的は、このような明らかなトラブルや目的が分からない、はっきりしないケースもよくあります。しかし、思ってもいなかったことがきっかけであることも視野に入れて対策を行いましょう。

集団ストーカー対策センターへご依頼下さい。

金銭トラブル
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA