ドローン事件

総理が海外に出ている間に総理官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件がありました。
この事件で逮捕された容疑者は福井県に住んでおりほとんど近所付き合いがなかったそうです。
容疑者の自宅は福井県小浜市郊外の静かな地域にありました。

 

反原発訴え 官邸ドローン落下

総理官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁公安部は40歳の男を逮捕しています。
福井県小浜市在住の無職の容疑者は先月22日から今月22日までの1カ月の間に、放射能マークが表示された容器を搭載したドローンを総理官邸の屋上に放置し、官邸事務所の業務を妨害した疑いが持たれています。
容疑者は24日20時ごろ、自宅近くの小浜警察署に出頭してきました。
「官邸にドローンを飛ばしたのは俺だ。反原発を訴えるためにやった」と話したといるそうです。

 

ドローン 監視 攻撃

無人飛行機ドローンによる監視行為や攻撃など心配ですね。
首相官邸ですら、このドローンがいつ飛んだのかはっきりしないようです。
ドローンと言う名は、雄の蜂の羽音からつけられた名前だと言います。
音がしても警備に気付かれないことも問題です。
一般の人の中にもドローンによる被害を心配されている方がいます。
これからドローンの規制も出来るでしょうが、不安もあります。

集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご依頼ください。

ドローン 近所付き合い
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA