集団 ストーカー 危険行為

ひとりならしも、何人何十人とで行われる嫌がらせは、
身体的にも精神的にも大変なものです。
攻撃をしてくるだけではなく、じろじろ見られたり、
写真を撮られることも苦痛です。
集団ストーカーでお困りの方は、ご相談ください。

 

伊予市 集団暴行死事件 松山

愛媛県伊予市の市営住宅で昨年8月に当時17歳の女性が亡くなった事件がありました。
亡くなったのは松山市の無職の女性です。
集団暴行を受けて死亡した事件でした。
この事件で傷害致死と死体遺棄の罪に問われた17歳と18歳の少年2人の裁判員裁判の判決公判が松山地裁でありました。
18歳の少年に懲役3年以上6年以下(求刑懲役4年以上7年以下)、
17歳の少年に同3年以上5年6月以下(同)の不定期刑をそれぞれ言い渡されたいます。
判決によると、2人は37歳の住人の女=傷害致死罪などで懲役11年判決、控訴中=らと共謀し、
昨年8月13~14日、女性に暴行を加え腹腔内多量出血で死亡させ、その後遺体を毛布でくるんで押し入れに隠したということです。
裁判長は判決理由で
「理不尽な理由で1人でも暴行するなど、その意思決定は短絡的で非難を免れない」などと指摘しています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。 ※無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団 ストーカー 危険行為
Tagged on: