集団ストーカー ネットトラブル 契約問題

どこに行っても付きまとわれ、監視されるストーカー被害は精神的にも大変大きな問題になっています。盗聴や盗撮だけではなく、契約の際に交わした書面から情報が奪われるケースもあります。慎重に行うようにしましょう。集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

通信契約トラブル 相談6割増 いつの間にか更新

電話やインターネットなどの通信サービスの契約をめぐりトラブルが増えています。
総務省電気通信消費者相談センターに2014年度に寄せられた苦情や相談は1049件で1・6倍に増えたそうです。

多かったクレームは、
「いつの間にか契約が更新されていた」
「契約先を変えた覚えはない」といった内容でした。
携帯電話大手の2年ごとに契約が自動更新される「2年縛り」問題が騒がれたことも背景にあるのかもしれません。
また、NTT東日本・西日本が2月、圧倒的なシェアをもつ家庭向け光回線の卸売りを始めており、
これを使って家庭向けに参入する業者がふえて競争が激化したのも原因とみられています。
契約時は条件をよく確認し、渡された書類は保管しておくことが重要です。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

契約内容を把握し、納得してから契約を行いましょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー ネットトラブル 契約問題
Tagged on: