警察官 付きまとい ストーカー

ストーカー問題は、一向に減らない問題ですね。
警察官による女性への付きまとい事件がありました。
一方的な感情は、相手に受け入れられるとは限りません。
ストーカー行為をしても怖がられたり、気味悪がられるだけで
好意を持ってもらえないと思うのです。

 

暴力団対策室長の警視 ストーカー行為 警告

京都府警暴力団対策室長の警視がストーカー規制法による警告を受けていたことが分かりました。
一方的に好意を寄せた女性につきまとい行為をしたとして、滋賀県警から警告を受けていたようです。

この警視は滋賀県内の運動施設で知り合った女性に恋愛感情を抱くようになったと言います。
滋賀県内でつきまとい行為をしたようです。
女性から相談を受けた県警が警視を呼び出し、警告したということです。

京都府警も問題を把握して、警視への処分を検討中です。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

恋愛感情からおこるストーカー行為もありますが、
報われない愛情が恨みに変わって嫌がらせとして行われることもあります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
家族トラブルのご相談が増えています。
※無料相談はしていません。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

警察官のストーカー ストーカー対策
Tagged on:                                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA