集団ストーカー被害者のご家族の方へ

家族に集団ストーカーの被害を訴えている方がいる場合、真剣に問題解決に取り組む必要があります。
大切なご家族の話をよく聞いてください。話を聞いてもらえないことから家族間での争いになっている方もいます。
今まで真面目だった人が集団ストーカーの被害を訴えるようになったら、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
集団ストーカー対策センターには多くの集団ストーカー被害者の方や、そのご家族からご相談が寄せられています。
安心の有料相談で秘密厳守を徹底しております。外部に情報が漏れることはありませんので安心してご相談ください。
現状を把握した上で、適切な対応を取ることが問題解決につながります。※無料相談はしていません。

 

集団ストーカーの被害は、第三者には分かりにくく、理解されないことが多い問題です。このことからも人間関係が希薄になり孤立することがあります。
外に出れば、監視下におかれる。常に見られてプライバシーを侵害されるのは精神的にもたいへん辛いものです。
中には、思考をのぞかれたり音声が聞こえるといった内容を訴えている被害者もいます。
「一方的な被害妄想だ」「おかしくなった」「精神病だ」などと中傷されることもあります。
全ての人が自分をあざ笑うかのように、馬鹿にされていると感じてしまう集団ストーカーの被害者もいます。
不特定多数の者からの監視行為から外出が苦痛になり、仕事も続かず転職を繰り返す被害者もいます。まずは、現状を知ることからはじめましょう。

 

集団ストーカーによる嫌がらせは、人間不信を抱くことにつながります。警察や荷物の配達員、職場や昔から仲の良かった友達、近隣住人に対しても不信感を抱くこともあります。
この様なことから、社会から孤立し引きこもるようになりがちです。
しかし、引きこもったからと言って解決できることは何一つ無いのです。
薬を飲んで眠っても、何も考えないようにさせても状況は変わりません。
現実逃避は、一時しのぎで何も解決はしないのです。

 

 

社会からの孤立は攻撃性を生むこともある!

集団ストーカーの被害に遭わないように、出来るだけ行動範囲を狭めることが対策だと考えている被害者もいますが、それが正しいかどうかは分かりません。置かれた状況によって違います。また、目的も関係するでしょう。集団ストーカー被害にあるきっかけになる出来事を思い出すことも必要です。集団ストーカー対策センターに状況分析をご依頼くださったご家族の多くは未来を見据えた解決をお望みの方がほとんどです。
子供が集団ストーカー被害に遭っているとご相談くださったご両親のほとんどは、社会性を失っていく子供の未来を心配されています。
仕事や人間関係をはじめ、社会から孤立してしまうのではないかと言う不安です。
これらは、現実に起こっています。
働かなければ収入は無く、貧困に陥るのは当然です。生活保護に頼る生活は、結婚や再就職も難しいかもしれません。
今まで培ってきた教育や教養、社会的な地位などだけではなく、近所からの目も気になるでしょう。
この様なことは、不安だけではなく不満になり社会に対する攻撃性へと変化することもあります。
事件へと発展することともあり、危険が伴います。
ご家族の変化に気付いたら、一刻も早くご相談ください。
集団ストーカー対策センターでは、無料相談はしておりません。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

 

集団ストーカー被害に遭われているご家族には秘密で調査などを行う場合は、予めお知らせください。
また、コンタクトを取る日を知られてしまうなどと考えている被害者のご家族の方からのご依頼は、現状調査とヒアリングをご依頼ください。
無料でのご相談は、一切お受けしていません。真剣に解決に向けて取り組まれる方のみご相談ください。