集団ストーカー 生活苦 加担

生活が「苦しい」世帯が増えることは、治安の悪化にもつながっています。
簡単に儲かるものに手を出してしまうことにつながるからです。
オレオレ詐欺の受け子もそうですが、
集団ストーカーの問題にも不安がよぎります。

 

生活苦過去最高 厚労省調査

厚生労働省の国民生活基礎調査で、2013年の1世帯当たりの平均所得が前年比1.5%減(8万3000円減)の528万9000円となったことが分かりました。
今の生活が「苦しい」と感じている世帯の割合は14年7月時点で過去最高の62.4%に上っています。
同年4月に消費税率を8%に引き上げたことなどが影響していると分析しています。

1世帯当たりの平均所得はここ10年で最も低くなりました。
過去のデータが残る1985年以降では4番目の低さのようです。
非正規雇用の増加などが背景にあるとみられています。

世帯種類別の平均所得としては、65歳以上の人のみか、65歳以上と18歳未満で暮らす「高齢者世帯」は2.8%減の300万5000円。
18歳未満の子供のいるすべての世帯で見た場合は3.4%増の696万3000円でした。

生活意識は、「大変苦しい」が29.7%、
「やや苦しい」が32.7%
両者の合計が「苦しい」で、今回までの最高は11年7月時点の61.5%
「普通」は34.0%、
「ややゆとりがある」3.2%、
「大変ゆとりがある」0.4%でした。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。 ※無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 生活苦 加担