集団ストーカーと監視行為

集団ストーカーのターゲットになったターゲットのほとんどのケースで監視行為を受けています。このことから「監視ストーカー」と呼ばれることもあり、集団ストーカーの被害に遭うと、9割以上の方に起こるのが監視行為です。手を変え人を変え執拗に監視をされることから、第三者には理解されにくいと言えるでしょう。

集団と言うよりは、まばらに散らばった場所から監視されたり、ターゲットを囲むようにじわじわと圧迫させるような方法で監視されることもあります。組織や宗教団体による監視行為も行われています。

集団ストーカーは、複数人もしくは何十人、何百人単位で行われることから、ターゲットになってもすぐには気が付かないこともあります。マンションなどの防犯カメラを私用に使われている可能性も指摘されています。

 

 

集団ストーカーによる監視は、ターゲットがはじめのうちは気付かなくても何度も同じような状況を繰り返し作られることから、ターゲットになるとやがては集団ストーカーによる監視行為に気付くようになります。

何度も同じ人とすれ違ったり、不自然なアイコンタクト、不自然な周囲の行動は、集団ストーカーの合図やメッセージかもしれません。同じ色のバッグや、服装、マスクなども集団ストーカーの印になっていることもあるので注意して周囲を観察するとよいでしょう。

電車に乗れば優位を囲まれ、スーパーに買い物に行けばかごの中を覗かれる。女子会やデート中も会話を聞かれ、すれ違いい際に顔をチェックされる。GPSやヘリコプター、ドローンなどによる監視もあり、どこに居てもプライバシーが無くなってしまいます。

・執拗に後をつけられる。
・スマートフォンで撮影される。
・ベランダに不審者がいる。
・買い物かごの中を覗き見られる。
・レジで店員に顔をじっと見られる。
・いつも同じ時間にすれ違う人物がいる。
・職場の前で帰りを待ち伏せされる。
・自分が乗ろうとした電車の車両だけ混み合っている。
・運転中にやたらと割り込みされる。
・規則性のあるナンバープレートの車につけられる。
・盗聴器や盗撮カメラを仕掛けられる。
・咳払いなどの合図で気づく。

巷にあふれる防犯カメラや監視カメラを私用に使われてる可能性も指摘されているので注意しましょう。

初めは気が付かなくても、思い返せばもっと昔から監視されていたかもしれないと言う声もよく耳にします。ターゲットが気付かないうちから集団ストーカーによるターゲットの情報収集は進んでいると考えられます。情報収集がすすむと、蓄積されたデーターからターゲットの行動パターンなどを分析されます。

集団ストーカーによるターゲットの監視行為は、不特定多数の人物によって行われます。通勤や通学中の電車の中や、スーパー、コンビニなどでも監視されます。街を歩けば後を付けられたり、ターゲットの行き先を知っているかのごとく先回りされて邪魔をされることもあります。すれ違い際に面割りと呼ばれるターゲットの顔の確認をされることもあり、多くの人がターゲットを確認することになります。声で合図を送られることもあるので注意深く生活を送ることも必要です。

・ネットに自分のことを書き込まれる。
・投稿サイトに画像をアップされる。
・わざと追い越して顔をチェックされる。
・知らない人物に道を聞かれる。
・追い越し際に、肩に触れられる。
・近寄って来て身長や体格を比べられる。
・小石をけって振り向くように仕向けられる。
・マスクの集団に取り囲まれる。
・シニアに前を邪魔される。
・学生に付いてこられる。
・咳払いで合図を送られる。
・行き先を知っているかのように先回りされる。
・さっきすれ違った人が立ち寄り先の店にいる。
・コンビニで同じものを買う。

ぞろ目やミラーナンバーの車両が周囲をうろつくようなこともあります。

また、GPSを使って監視されることもあります。衛星を使ってターゲットを監視することで行動の把握は格段に行いやすくなります。集団ストーカーの監視行為にお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご依頼ください。調査依頼が増えています。
無料でのご相談はしていません。

神奈川県の女性・・・スーパーで知らない人に待ち伏せされました。近所のスーパーには行かず、少し離れたところまで買い物に行くようになりましたが、日によっては数人で待ち伏せされることもあります。

大阪府にお住まいの男性・・・家は見張られているので、休日には外出するようにしましたがそれでも後を付けられたり、ミラーナンバーの車両に付け回されたりします。

兵庫県にお住まいの女性・・・役所にも先回りされていました。手続きに書かなければいけない住所などの個人情報を見に来たのだと思います。

岡山県にお住まいの男性・・・仕事での出張先にも付いてこられました。滞在先のホテルでも部屋番号を調べられたようです。

広島県にお住まいの女性・・・職場を変わってもすぐにバレてしまいます。前の職場でも嫌がらせを受けており、転職しても続いていました。

京都府にお住まいの男性・・・昔交際していた女性に付きまとわれています。色々な人を使ているようで、本人の姿は見せないように見張られていました。

香川県にお住まいの女性・・・監視行為がひどくなったので、一人暮らしをしていたマンションから実家に戻りました。するとますますひどくなり、家族も怪しいような気がしました。

福岡県にお住まいの男性・・・家から出るとすぐに人が寄ってきます。どこからともなく人が集まるように自分の周囲に人だかりができます。不思議ですが、本当です。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

集団ストーカー被害に遭っているのは、あなただけではありません。
集団ストーカー対策センターへご相談ください。

集団での監視や組織的な嫌がらせ、集団盗聴、集団盗撮などの訴えは「被害妄想」扱いされることもあるようです。このようなケースでは現状調査をおすすめしています。具体的な被害の証拠を集めることは重要なことです。妄想扱いされない為にも集団ストーカー対策センターへ調査をご依頼ください。また、家族トラブルに発展しているケースでは、ご家族の方からもご依頼いただいております。集団ストーカーの問題は、早期解決が必要です。