集団ストーカー 危険行為 自転車 対策

集団ストーカーによる嫌がらせは、道路でも行われています。
ぞろ目やミラー番号などに注意を払っていても、
自転車で嫌がらせをされることもあるでしょう。
イライラしてはいけません。
集団ストーカーの挑発には乗らないようにして下さい。

 

自転車の危険行為 1か月間で549件摘発

先月1日から悪質な危険行為を繰り返した自転車運転者に対し、安全講習を義務付ける改正道交法が施行されました。
警視庁によると、約1か月間で549件が「危険行為」として摘発されたようです。

先月1日から施行された改正道交法で信号無視などの14項目について「危険行為」と定めています。
「危険行為」で3年以内に2回以上摘発された場合は、安全講習を義務付けるという内容です。

改正道交法が施行されてから先月30日までのおよそ1か月間で、
「危険行為」に当たるとして全国の警察に摘発されたのは549件だったようです。

一番多かったのは「信号無視」の231件で、
次いで「遮断踏切立ち入り」の195件などとなっています。
2回以上摘発されて安全講習を義務付けられたケースはなかったということです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。 ※無料相談はしていません。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 危険行為 自転車 ストーカー対策