日本の問題 人口の減少 集団ストーカー

日本の人口の減少に歯止めがかかりません。
子どもの人口がなんと34年連続で減少しているというのです。
集団ストーカーの組織の中にも子供の存在があります。

 

人口減少 問題

総務省が「こどもの日」に合わせて4日に発表しました。
15歳未満の子どもの推計人口は、前年より16万人少ない1617万人でした。
1982年から34年連続の減少となりました。
50年以降の統計で、過去最少を更新しました。
政府が子育て支援策を行っても効果がないようです。

子供の内訳は男子が828万人、女子が788万人。
総人口に占める子どもの割合は、前年比0.1ポイント減の12.7%で、41年連続の低下ということです。
人口4000万人以上の主要国と比べても大変低いようです。
米国(19.3%)、英国(17.6%)、中国(16.5%)、韓国(14.3%)、ドイツ(13.1%)などをはるかに下回る水準です。

子供を育てる環境も変化しています。育てにくい世の中になっていることは間違いありません。

 

集団ストーカー ターゲット 監視

巧妙な手段を使った嫌がらせでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
現状分析が必要です。
集団ストーカー対策センターにお任せください。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

人口の減少 集団ストーカー
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA