集団ストーカー 対策 エレベーター 意図 千葉

ターゲットにとっては、まったく身に覚えが無く盗聴や盗撮、電磁波などでの嫌がらせが行われていたとしても、
ストーカー集団やその指導者にとっては目的を持って行われているものです。
時間、人、費用をかけて行うことには意味があって当然です。
集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

社内トラブル エレベーター 意図的停止 嫌がらせ

国土交通省によると、「シンドラーエレベータ」(東京都江東区)の保守点検担当の36歳の男性社員が今年、意図的にエレベーターを停止させていたことを発表しました。
トラブルを7件起こしていたようです。
このトラブルで利用者は最大で約45分間閉じ込められました。
救急搬送された人もいたようです。
シンドラー社はこの社員を懲戒解雇したうえで国交省に報告しています。
国交省は、元社員が保守業務に関与したエレベーターの緊急点検などを同社に指示しました。

トラブルを起こしていた元社員は都内や千葉県にあるマンションなどのエレベーターの保守点検業務を担当していました。
2008年に採用され、支店長を務めていた今年6月に業務目標を達成できなかったとして降格されたようです。
トラブルを起こした理由については
「会社といざこざがあり、困らせたかった」などと話しているようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

社内トラブルの憂さ晴らしでこういった嫌がらせが行われることもあります。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 対策 意図 千葉
Tagged on: