集団ストーカー ホームレス

厚生労働省は毎年1回おこなっているホームレス数を発表しました。
この調査によれば、日本のホームレス数は、6,541名であるそうです。
全国各地の福祉事務所職員らが昼間に巡回し、ホームレスか否かを主観で判断し計測しています。
ホームレスかどうか目視で判断することは極めて難しいと言います。
身なりが綺麗で、スーツを着ている人もいるし、ヒゲも剃れている人もいます。また車を持っている人もいると言います。

 

集団ストーカーとホームレス

日雇い派遣などの短期間の仕事を一時的に得ることができる宿泊先として、
カプセルホテル、ネットカフェやマンガ喫茶、ビデオボックスなどが全国各地に普及しています。
シャワーも利用できる施設も多いです。
厚生労働省が調査を始めた2003年は、ホームレスへの支援が不足していました。
公園などで生活していたホームレスは見た目で明らかに支援の要否が判断できたと言います。
この当時は身なりが不衛生でヒゲも伸び、衣服や靴もボロボロであるなどで発見しやすかったようです。
現在では、そのようなホームレスは現在では少数派です。
主観で判断する調査手法やアプローチ方法では、調査自体の意味をなさないのかもしれません。

そういったものではありますが、調査によるホームレス数が最も多かったのは、
大阪府1,657 人であり、次いで多かったのは東京都1,498 人、神奈川県1,204 人でした。

 

 

ホームレスバイト 集スト

監視や見張りを雇うこともあり、巧妙な手口で行われる嫌がらせもあるようです。
集団ストーカー対策をご依頼ください。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

監視 ホームレス 集団ストーカー
Tagged on:                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA