集団ストーカー 監視

困っているからと言って、誰でも助けてくれる世の中ではありません。知恵が無ければ知恵を買うのが世の中です。
弁護士に相談するにも費用が刈ります。
コンビ行っても、お金がなければおにぎり一つ買うことはできません。
それが世の中です。
生きていくために、必死で働きましょう。

 

奨学金で生活保護減額は不当か・・

福島県内の高校に通う長女の奨学金を収入と認定し、福島市福祉事務所が生活保護費を減額したのは不当として、
福島市の30代女性と長女が30日、同市に減額処分の取り消しと損害賠償を求め福島地裁に提訴することが分かりました。

生活保護をもらっている女性は昨年6月、同様の内容で県に審査請求したが棄却されました。
現在は厚生労働省に再審査請求しているといいます。
女性は精神的に不安定で収入が乏しく、数年前から生活保護を受けて長女と2人で生活しています。
長女は昨年4月に高校に進学しました。長女の入学前に給付が決まっていた、3年間の奨学金51万円(年額17万円)のうち14万円が女性に支払われましたが、同事務所は奨学金を収入と認定して、生活保護費から差し引いたといいます。

 

集団ストーカー 生活保護 進学

生活保護費から差し引いただけで、生活保護はもらっているのでしょう。
精神的に不安定でも働いている人はたくさんいます。
嫌がらせを受けても一生懸命働いている人もいます。
一生懸命働いた金で子供を育ててほしいです。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 監視 保護
Tagged on:         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA