集団ストーカー 子どもの貧困問題 集スト対策

子どもの貧困問題が深刻化しています。その子供の親も貧困である確率が高く、暴力や心理的な虐待も行われている背景が伺えます。大人の影響を子供は受けるものです。犯罪や嫌がらせ、迷惑行為に手を染めやすい環境もあり、早期対策が必要でしょう。不特定多数からの嫌がらせトラブルの背景にも貧困問題が隠されている可能性があります。

 

児童虐待 過去最悪 集スト対策

全国の警察が今年上半期(1~6月)に虐待被害が疑われるとして児童相談所に通告した18歳未満の子どもは1万7224人だったようです。
この数字は昨年同期より4187人(32%)増えているという発表がありました。

警察はこのうち1152人を一時保護しており、加害者として387人の保護者を摘発しています。これは過去最多の数のようです。

上半期の通告児童数は2011年から統計を始め、4年連続で増えています。
全体の約3分の2に当たる1万1104人は心理的な虐待です。
昨年同期より3336人(43%)増加したと言うことです。
このうちドメスティックバイオレンス(DV)が子どもの前で行われる「面前DV」が7273人を占め、2157人(42%)と増加しています。

他に身体への虐待が411人(12%)増の3882人、
育児放棄などのネグレクト(怠慢・拒否)は429人(25%)増の2144人、
性的虐待もあり11人(13%)増の94人でした。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

貧困問題は様々な問題に飛び火しています。

集団ストーカーや監視ストーカーを抑えようとして二次被害に遭うことも多々あります。
嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 子どもの貧困問題 集スト対策
Tagged on:                                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA