ガスライティングは、理解の範囲を超えるような出来事が身の回りで起こります。それに対して周囲の人に話したり理解を求めても突き放されることがほとんどです。身近な人物から行われることが多く、ガスライティングを行われていても気付くのはずっと後のことでしょう。自分だけに起こる不可解な体験は、家族に話しても、職場で話しても理解されないばかりか「おかしな人」「精神的に病んでいる」などと受け取られます。このようなことから「自分がオカシイのではないか」と自分自身に疑問を感じるようになります。

盗聴や盗撮の偽装工作を行われることもあります。集団ストーカー対策センターへご相談下さい。
※無料相談はしていません。

ガスライティングの結果として、自分がおかしくなったとターゲット自身に「自分はオカシイ」「病院に行かなくてはいけない」「自分は精神疾患だ」などと思い起こさせます。また、周囲にもターゲットはおかしくなってしまった、精神病を患っていると思わせるのです。ターゲットをオカシくなってしまったと思わせることで自滅へと導き、社会から抹殺されてしまうのです。

 

ガスライティングは、たいへん巧妙に行われます。また、何度も何度も繰り返し行われることでターゲットを自滅へと導きます。家族や恋人など身近な人物から行われるケースや、不特定多数の集団ストーカーによって行われることも考えられます。ターゲット自身が気付かないように仕組まれるので、発見に遅れる傾向があります。

 

 

集団ストーカーとガスライティング

集団ストーカー対策センターにもガスライティングのご相談があります。年々増加傾向にあり、ガスライティングと集団ストーカー被害か、またはその両方の被害に遭っているのかはケースによって様々です。

ガスライティングは、巧妙な嫌がらせの心理的手法の一つです。トラップを何度も仕掛け、それに気づいたターゲットを否定し続けることで自分自身を疑うように仕向けられます。

そんなことが出来るのかと思うでしょうが、延々と繰り返し行われることで自滅へと導かれていきます。集団ストーカーのターゲットになってしまった場合は、このガスライティングと集団ストーカーの関係は、調べてみる必要があるでしょう。

精神を正常に保てているうちに対策を行うことをおすすめします。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

 

集団ストーカー被害に遭っているのは、あなただけではありません。
集団ストーカー対策センターでは、無料相談はせず秘密厳守です。

被害妄想だと言われた方は、現状調査をおすすめしています。妄想扱いされない為にも集団ストーカー対策センターへご依頼ください。また、家族トラブルに発展しているケースでは、ご家族の方からもご依頼いただいております。集団ストーカーの問題は、早期解決が必要です。