集団ストーカー 遠隔操作

集団ストーカー被害者の方の中には、パソコンやスマートフォンなどを遠隔操作で嫌がらせを受けたり、個人情報を盗まれると言う声があります。
ネットショッピングの際など、気を付けましょう。
また、イベントや懸賞などのうまい話で情報収集されることもあります。
「無料」「いい話」「おいしい話」には乗らないことが重要です。

 

警視庁 サーバー悪用 契約解除 要請

警視庁など20都道府県警は昨年11月、不正に入手した他人のIDやパスワードを使って、中国から日本のウェブサイトへの接続サービスを提供したなどとして、プロキシサーバーを運営する全国8業者を不正アクセス禁止法違反容疑などで摘発しました。
解析の結果、インターネットバンキングの不正送金などにサーバーが悪用されていたことが明らかになりました。
しかし、業者の回線はそのまま残り、再び悪用される恐れがありました。

そこで警視庁は、NTT東日本と西日本に、ユーザーのパソコンの代わりにインターネットに接続するプロキシ(代理)サーバーがサイバー犯罪に悪用された場合に、サーバー運営業者との回線契約を解除するよう要請しました。
契約約款に不正アクセスなどの禁止行為を明示し、悪質業者の締め出しを行うことを目的としています。

プロキシサーバーを経由してネット接続することにより、IPアドレスがプロキシサーバーのものに置き換わってしまい、ユーザーの素性を隠せてしまうのです。これがサイバー犯罪の温床になっているのです。

 

集団ストーカー対策センター

集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。真剣に解決を望む方のみ

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 遠隔操作
Tagged on:                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA