集団ストーカー DV 転居先を知られる 京都

集団ストーカーに転居先、勤務先を知られてしまうことがあります。この情報がDV夫に流されているケースもあるようです。DV夫は必死で探しています。集団ストーカーによる情報収集は非常に巧妙です。狙われた場合は、すぐにご相談ください。

 

DV夫に転居先漏らす 京都 木津川市 閲覧制限を一部未入力

夫からのドメスティックバイオレンス(DV)の被害から逃れるため京都府木津川市から転居した65歳の女性の住所を、
同市税務課の職員が誤って67歳の夫に伝えていたことが分かりました。

女性は昨年5月に大阪府内に転居し、新住所などを閲覧できないよう求めるDV防止法に基づく支援措置を申請していました。

しかし、今年2月に確定申告で木津川市役所を訪れた夫に、対応した税務課職員が女性の住所などが記された書類のコピーを配偶者と確認した上で手渡しというのです。
別の手続きに関連した他課からの連絡で閲覧制限が分かり、職員が3月、女性に謝罪しました。

市住民基本台帳システムには閲覧制限の情報は入っていたものの、確定申告のシステムには未入力で、同課窓口の職員は事情を知らなかったようです。

女性と同居する42歳の娘は「住所が知られて不安だ」と憤っているようです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー DV 転居先を知られる 京都
Tagged on:                                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA