集スト対策 ドローン マルチコプター

集団ストーカーや監視ストーカーによる空からの監視でお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。ドローンなどの規制が始まる前に情報収集しておこうと考えていることもあります。巧妙にいやがらせを行われることもあり、早期対策が必要でしょう。

 

ドローン活用 農薬散布 高齢化でニーズ拡大

農薬散布など農業への小型無人機「ドローン」の活用に関心が高まっているようです。
現在使われている産業用無人ヘリコプターに比べると、導入費用が安く、作業の効率化が見込めるのだそうです。
専業農家の減少や農業者の高齢化を背景としたもんだいから、ドローンの普及を見込み、農林水産省は年内にも農業向けの運用基準を策定する方針のようです。
産業用無人ヘリは積載重量が10キロ以上で、農業では主に水田や麦・大豆畑の農薬散布に使用されています。
農水省によると、全国で約2700台の登録があり、飛行技術の認定や実施計画の策定などの安全措置を求めている一方で、積載重量が産業用無人ヘリより少ないドローンはこの対象となっていないと言います。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集スト対策 ドローン マルチコプター
Tagged on:                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA