探査機 ドーン 集団ストーカー対策

米航空宇宙局NASAの持つ探査機「ドーン」のシステムに異常が見られたようです。
NASAは7月7日、準惑星ケレスを周回中の探査機「ドーン」の姿勢制御システムに異常が発生したため、
6月30日から実施予定だった軌道変更を中止したと発表しました。
探査機ドーンは今年3月6日にケレスに到着し、高度1万3500kmからの観測を、その後軌道の高度を下げ、
高度4400kmからの観測を行っていたそうです。

 

探査機ドーン 観測 監視

探査機ドーンは2007年9月27日に打ち上げられた探査機です。
小惑星ヴェスタと準惑星ケレスの2つの星を探索することを目的としています。
探査機が2つの天体を訪れ、その軌道に入って探査を行うのは世界初の試みです。

ヴェスタとケレスは共に、火星と木星の軌道の間の、小惑星帯の中に位置しています。
ヴェスタはこの小惑星帯の中で2番目に大きな天体で、ケレスは1番大きな天体です。
内部には液状の水が存在している可能性もあるとされています。

探査機ドーンは約1年をかけて、ケレスの周囲を回りながら探査を行う予定となっています。
その後の計画はまだ未定で、機器などが正常で、探査機に余力があるようなら、さらに別の星を訪れる可能性もあると言います。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

空からの監視行為は、気が付きにくいですね。
嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。 ※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

探査機 ドーン 集団ストーカー対策